「久しぶりね。達也君

「奥さん、そんなに感