ボクが溺愛する彼女は、キモ教師に快楽堕ちされていました 〜ボクが先に好きだったのに…〜

ボクは学園一の美女と言われる‘‘西条カンナ’’先輩に恋心を抱いていた。しかし相手は高嶺の花……冴えないボクでは相手にされるわけがないと半ば諦めていたのだが――『あの……実は私、龍樹くんのことが……好きです……っ。お付き合い、してもらえませんか……?』何と西条先輩の方から、ボクに告白をしてきたのだ。こうして恋人同士になったボクたちは、デートを重ねて愛を育んでいく。そしてついに今日、ボクの家に彼女を招いたのだった。あえて、両親はいない日を選んだ……全ては、西条先輩と一線を越えるため。二人きりとなった部屋で、ボクたちは向かい合い……そして口づけを交わす。しかし、互いの舌を絡め合うと――「…………ん?」何やら違和感を覚え、口を離す。すると、先輩の舌にはピアスが付いているではないか。それだけではない。先輩が胸をはだけると、乳首にもピアスが装着されていた。さらには――下腹部に刻まれた禍々しいタトゥー。ボクは、知らなかったのだ。先輩は、ボクとお付き合いを始める、ずっと前から――



ボクが溺愛する彼女は、キモ教師に快楽堕ちされていました 〜ボクが先に好きだったのに…〜



aman_0653








ボクが溺愛する彼女は、キモ教師に快楽堕ちされていました 〜ボクが先に好きだったのに…〜





ボクが溺愛する彼女は、キモ教師に快楽堕ちされていました 〜ボクが先に好きだったのに…〜
ボクが溺愛する彼女は、キモ教師に快楽堕ちされていました 〜ボクが先に好きだったのに…〜
イメージ1



ボクが溺愛する彼女は、キモ教師に快楽堕ちされていました 〜ボクが先に好きだったのに…〜
ボクが溺愛する彼女は、キモ教師に快楽堕ちされていました 〜ボクが先に好きだったのに…〜
イメージ2



ボクが溺愛する彼女は、キモ教師に快楽堕ちされていました 〜ボクが先に好きだったのに…〜
ボクが溺愛する彼女は、キモ教師に快楽堕ちされていました 〜ボクが先に好きだったのに…〜
イメージ3



ボクが溺愛する彼女は、キモ教師に快楽堕ちされていました 〜ボクが先に好きだったのに…〜
ボクが溺愛する彼女は、キモ教師に快楽堕ちされていました 〜ボクが先に好きだったのに…〜
イメージ4



ボクが溺愛する彼女は、キモ教師に快楽堕ちされていました 〜ボクが先に好きだったのに…〜
ボクが溺愛する彼女は、キモ教師に快楽堕ちされていました 〜ボクが先に好きだったのに…〜 
イメージ5




ボクが溺愛する彼女は、キモ教師に快楽堕ちされていました 〜ボクが先に好きだったのに…〜