ヌケガケはしないと約束したけど、僕はあの子に手を出した。

ヌケガケはしないと約束したけど、僕はあの子に手を出した。
■あらすじこの日、僕は心に誓った――。もし次に運命の女性が現れたら、一切の躊躇いを捨て、必ず自分の女にしてみせると――。かつて好きだった近所のお姉さんを他の男に取られてしまったことがトラウマになった主人公の『ユウ』は、次に好きになった女性を必ず自分のモノにすると心に誓っていた。そして入学早々、ユウはついに運命の女性『アヤ』に出会う。アヤを自分のモノにしようと、動いていたユウ。しかしある日、仲良しグループ内の『テツヤ』『サトル』と「好きな人ができたら報告する。抜け駆けはしない」という約束を結んでしまう。友人たちもアヤを狙っていることに気づいていたユウは、罪悪感を感じながらも約束を無視して動き出す。全ては、アヤを自分の女にするために…。■人物紹介【アヤ】(152cm、Iカップ)ユキコに誘われてグループに入った大人しめの巨乳女子校生。ちょっとミステリアスな雰囲気のある主人公が気になっていたが、主人公の強引なアプローチにより付き合う事になる。性的なことに興味はあったが、経験はなかった。しかし主人公と肉体関係を結んでからは性欲が強くなってしまい、自分で慰めることもしばしば発生。基本的に主人公がムラムラした時はいつでも身体を使ってほしいと思っており、主人公の要求を拒むことはほとんどない。【ユウ】(主人公)友人のテツヤに誘われてグループに入った根暗童貞主人公。過去に植え付けられた強い寝取られトラウマのせいで、強引な男へと覚醒する。かつて恋をしていた女性の影響で、ムチムチした身体でないと欲情できなくなっており、人並外れたムチムチボディのアヤを一目見た時に運命を感じてしまった。普段ユウが何を考えていそうか分からないところにアヤは惹かれたらしいが、実際はアヤの裸やアヤとセックスすることしか考えていなかったムッツリスケベ。【テツヤ】(友人)グループを作った張本人。アヤと初めて会った日はあまりの衝撃に5回アヤで抜いた。【サトル】(友人)テツヤに強引にグループに入れられたガリ勉眼鏡男子。性欲は旺盛でアヤのような二次元アニメボディが大好物。【ユキコ】(友人)幼馴染みのテツヤと一緒にこのグループを作ったおせっかい系女子。【チヅル】(友人)ユキコに誘われてグループに入った地味系女子。■その他〇基本CG:19枚+α〇本編336枚+セリフなし版336枚〇合計672枚のボリューム!〇画像サイズ:1920×1080〇PDF同梱イラスト:ぽちゃどん 様企画/テキスト:寿 退社キャラデザ/編集/加工:後藤しい



ヌケガケはしないと約束したけど、僕はあの子に手を出した。



ヌケガケはしないと約束したけど、僕はあの子に手を出した。




ヌケガケはしないと約束したけど、僕はあの子に手を出した。



ヌケガケはしないと約束したけど、僕はあの子に手を出した。