鬼ケツのアナル 炎の剣士、煉獄杏寿郎!情熱的な責めからのメスイキ

炎の剣士、煉獄杏寿郎ッ!情熱的な責めで 『うまい!』と連呼し鬼殺隊の炭次郎、善逸、伊之助の3本のちんぽを上下の口で味わう!更に性欲昂ぶり野生児の伊之助とも交わるが猪男の想定外の性欲に圧倒される!伊之助の大太刀で自分の敏感な所を幾度となく攻撃、精を放たれて 自らも絶頂を迎えてメス堕ち!炎の剣士、煉獄杏寿郎ッ!情熱的な責めで『うまい!』と連呼し炭次郎、善逸、伊之助の弟分の3本のちんぽを上下の口で味わい自らも絶頂を迎えてメス堕ち!36ページ、フルカラー人を食らう鬼が蔓延る大正時代の日本。そんな物騒な世の中、人間に害を与える鬼を退治する鬼殺隊が活躍していた。その鬼殺隊の中で活躍していたのが炎柱の煉獄杏寿郎。彼は炎を操る剣士でもあり、情熱的で面倒見が良い性格で有名であった。一方、性欲旺盛な一面も。彼は積極的な責めで鬼殺隊のちんぽを抜いて自らも快楽を得るのを生きがいにしている。中でも弟分の炭次郎、善逸、伊之助の一物が大好物。炭次郎と善逸のフレッシュなショタちんぽを上下の口で『うまい!』と堪能して、その勢いで伊之助の刀を抜こうとした…はじめは伊之助のことを猪の毛皮を被ったタダのおかしな奴と少し下に見ていたが実際に交わってみると、そんな思いは瞬時にして無くなり猪ちんぽの快楽に溺れてしまう!伊之助は男前なだけでなく積極的でそそり勃つガチ男根で煉獄の急所を的確に攻撃してくる!その上この猪男は煉獄に負けず劣らずの性欲旺盛っぷり!豪快なピストン運動で炎柱の敏感な箇所をゴリゴリ突き当てて何度も煉獄を射精させる徹底ぶり!『お前ら、まとめて(ちんぽの)面倒見てやる!』と強気の煉獄だったが伊之助の猛烈な刀責めに太刀打ち出来ず‥‥それどころか野生児の大太刀の虜になり自ら伊之助のちんぽをおねだりしてメスに成り下がるのであった。



鬼ケツのアナル 炎の剣士、煉獄杏寿郎!情熱的な責めからのメスイキ



鬼ケツのアナル 炎の剣士、煉獄杏寿郎!情熱的な責めからのメスイキ




鬼ケツのアナル 炎の剣士、煉獄杏寿郎!情熱的な責めからのメスイキ



鬼ケツのアナル 炎の剣士、煉獄杏寿郎!情熱的な責めからのメスイキ